What's new

自前ってたいへん

2016年6月18日

昨日やっとブログを公開できるようになった喜びをドヤ顔気分で勢いに任せてやったんだけど…。
実はまだ細かい調整をあちこちしなければいけない。

まるで軽やかに水面に浮かぶ白鳥のような。
見えている部分は美しくとも、水中では一生懸命足を動かしているみたいな(苦笑)。
まぁこのさい見えている部分ですら美しくないという突っ込みは無視するとして…。

あー、本当にたいへんだ。
たいへんというか、めんどくさいといったほうが正確だと思う。

具体的にどのあたりがめんどうなのかというと…。
すべて自分がやらなければ何も進まないところかな。

あぁ、もっと楽したい。
フェイスブックとかアメーバとかにすればもっと楽できることはわかっているんだけど、そういうわけにはいかないんだなー。

どうしてかっていうと、ぼくが全盲だから。

わけわからない人のために説明すると…。
パソコンとかスマホなどの画面が見えない人というのは、画面読み上げソフトを使って端末を操作している。
この画面読み上げソフトというのは、文字通り画面に映った文字情報や操作情報を声として読み上げてくれるソフトウェアだ。
俗にスクリーンリーダーとか言ったりする。

で、このスクリーンリーダーというのが問題で、画面に映ったものならすべて読み上げてくれるというものではない。
基本的にはテキスト情報を読み上げるもので、すべてのアプリケーションやすべてのウェブサイトを読み上げてくれるものではない。

つまり何が言いたいのかというと…。
気軽にフェイスブックとかアメーバとかでブログを開設してもいいけど…。
ある日突然画面レイアウトや操作方法が変わったとき、昨日のような感じで操作できなくなるリスクがあるということ。

ぼくのような全盲のスクリーンリーダーユーザーというのは常に綱渡りである。
ある日突然、いやこの瞬間、パソコンやスマホから読み上げ音声が出なくなったら…。

今まで当たり前のようにできていたことができなくなってしまうのだ。
この感覚は、ちょっと見えている人には理解しにくいかもね。

それと、誤解されないように補足しておくと…。

全盲でもスクリーンリーダーユーザーでもフェイスブックやアメーバなどのウェブサービスを使っている人はたくさんいるよ。
その人たちがうんぬんというわけではないからね。
あくまでも上記のようなリスクを抱えているという話なので誤解しないように!