What's new

伝説のショップ店員

2016年6月20日

今回はぼくのような全盲の視覚障害者がパソコンを選ぶうえで注意すべきポイントを書いておきます。
なーんて言っても普通の人がパソコンを選ぶのとあまり変わらないんだけどね(笑)。

まずは、どこで買うのか?
インターネットで買うのか、それとも実際のショップに足を運んで買うのか。

ぼくのおすすめは、まずショップに行って実際に気になるパソコンを触ってみる。
できれば店員さんといろいろ話をして情報を集める。
そうして買いたいパソコンが決まったら、インターネットで注文するのがいちばん効率的だ。

だいたいこの方法でうまくいくんだけど、中には例外もある。
どういうことかというと、たまにすごい店員がいるパソコンショップがあるのだ。
こんな伝説的なパソコンショップ店員に出会ってしまったら、効率なんて無視してしまおう。

すごいパソコンショップの店員というと、ぼくはいつも彼のことを思い出す。

実はぼくは目が見えなくなった当時、見えていたころ使っていた自分のパソコンに前もってスクリーンリーダー(画面読み上げソフト)を入れておかなかった。
なんてのんきな話だろう、当時の自分ってすげー(苦笑)。

いいわけするとだねー…。
今は無料のスクリーンリーダーがあるけど、当時は無料のものなんてない上に高額だった。
だから自分のパソコンにスクリーンリーダーを入れたくてもそんな余裕なんてなかった。

そんなわけで、目が見えなくなったぼくがパソコンを使おうと思ったら、まずはスクリーンリーダーを入手するところからスタートしなくてはいけなかった。

でもスクリーンリーダーは一般的なソフトウェアじゃないから、マイクロソフトのオフィスみたいにパソコンショップに行けば簡単に手に入るというものではない。
当時実際にショップ店員にスクリーンリーダーのことを聞いても全然知らなかった。

あきらめて視覚障害者専用の道具を販売しているところから手に入れるしかないかなーっと思っていたら、そいつはやってきた。
彼もショップ店員でスクリーンリーダーなんて聞いたことなかったらしいのだが、そこからの行動が素晴らしかった。

ぼくからスクリーンリーダーのことを聞いた彼は、ショップのパソコンを使ってなにやら調べ始めた。
そしてすぐに…。
「あー、スクリーンリーダーありました。PCトーカーとか、お客様がおっしゃっていたJawsもありましたよ。」
と言った。

当時はまだインターネットが今より普及していなかったので…。
こんな短時間で調べるなんてさすがパソコンショップの店員だなーっと感心した。

そして彼は続けた。
「商品は取り寄せになります。購入の際は、日常生活用具給付の申請もなさいますか?」
と聞いたのだ。

ぼくは驚いて…
「できるんですか?」
と逆にショップ店員に聞き返してしまったぐらいだ(笑)。

わからない人のために説明しよう。
日常生活用具給付とは、スクリーンリーダーのような特殊で高額な商品については、購入する障害者の所得に応じて補助金が出る制度である。

彼は「ちょっとお待ちください」といって、どこかに電話をかけ始めた。
聞き耳を立てていると、電話の向こうはスクリーンリーダーの販売元みたいだ。

話の内容はスクリーンリーダー購入時に役所に出す日常生活用具給付の申請方法についてみたいだ。
販売ページに書いてあったらしく、彼がネホリハホリ聞き出しながらひたすらメモを取っている。
最後に彼は「ありがとうございました。それでは失礼いたします!」と言って電話を切った。

その後、彼は先ほど書いたメモを見ながら日常生活用具給付の申請方法について説明してくれた。
さらに、申請書類の中には購入商品のカタログなども必要だったのだが、それらも用意してくれた。

こうしてぼくはスクリーンリーダーを買うことができた。

正直ここまでしてくれるとは思わなかった。
ぼくも男だ。ここまでしてもらってそれっきりというわけにはいかなかったので、しばらくショップでパソコンを購入し続けたのだった。

笑われるぐらいのことに挑戦する

2016年6月19日

先日イチローが4257安打を達成し、ピート・ローズ氏が持つ大リーグ記録の通算4256安打を日米通算で上回った。
ぼくは「やっぱりイチローはすごい人だなー」なんて思いながらテレビを見ていたんだけど、その後のインタビューで彼がすごく面白いことをいっていたのでここでシェアしたいと思う。

それは、彼イチローは周りから笑われるぐらいのことを目標に掲げ、その目標に向かって努力し結果を残してきたという話だ。

例えば…
まだ幼いイチロー少年がプロ野球選手になることを夢見て外で練習していた。
だが当然プロ野球選手になれる人は少ない。
だからイチロー少年は毎日毎日練習した。

そんな彼の姿を周りの人たちはきっと生暖かい目で見ていたことだろう。
「なんにでも努力することは大切だけど、プロ野球選手はいきすぎじゃないかなー…」
なんてね。

そして時は流れて、イチローはプロ野球選手としてオリックスでプレイすることになる。

でもまだイチローの夢は終わらない。
プロ野球選手になったからには、メジャーリーグで自分の力を試してみたい!
また彼の努力が始まった。

そんな彼の姿を見て、また周りの人は彼を笑った。
「ドラフト4位で入ったやつが何言ってるんだ」
「日本の野球とアメリカの野球は違うんだよ!」
とかね…。

でもやっぱり彼は周りの声になんて負けなかった。
メジャーリーガーになっただけでなく、日米通算4257安打達成という大きな記録を打ち立てた。

今の彼をだれが想像しただろう。
もう彼を笑うやつはいない。
次の目標に向かって思いっきり進んでほしい!

自前ってたいへん

2016年6月18日

昨日やっとブログを公開できるようになった喜びをドヤ顔気分で勢いに任せてやったんだけど…。
実はまだ細かい調整をあちこちしなければいけない。

まるで軽やかに水面に浮かぶ白鳥のような。
見えている部分は美しくとも、水中では一生懸命足を動かしているみたいな(苦笑)。
まぁこのさい見えている部分ですら美しくないという突っ込みは無視するとして…。

あー、本当にたいへんだ。
たいへんというか、めんどくさいといったほうが正確だと思う。

具体的にどのあたりがめんどうなのかというと…。
すべて自分がやらなければ何も進まないところかな。

あぁ、もっと楽したい。
フェイスブックとかアメーバとかにすればもっと楽できることはわかっているんだけど、そういうわけにはいかないんだなー。

どうしてかっていうと、ぼくが全盲だから。

わけわからない人のために説明すると…。
パソコンとかスマホなどの画面が見えない人というのは、画面読み上げソフトを使って端末を操作している。
この画面読み上げソフトというのは、文字通り画面に映った文字情報や操作情報を声として読み上げてくれるソフトウェアだ。
俗にスクリーンリーダーとか言ったりする。

で、このスクリーンリーダーというのが問題で、画面に映ったものならすべて読み上げてくれるというものではない。
基本的にはテキスト情報を読み上げるもので、すべてのアプリケーションやすべてのウェブサイトを読み上げてくれるものではない。

つまり何が言いたいのかというと…。
気軽にフェイスブックとかアメーバとかでブログを開設してもいいけど…。
ある日突然画面レイアウトや操作方法が変わったとき、昨日のような感じで操作できなくなるリスクがあるということ。

ぼくのような全盲のスクリーンリーダーユーザーというのは常に綱渡りである。
ある日突然、いやこの瞬間、パソコンやスマホから読み上げ音声が出なくなったら…。

今まで当たり前のようにできていたことができなくなってしまうのだ。
この感覚は、ちょっと見えている人には理解しにくいかもね。

それと、誤解されないように補足しておくと…。

全盲でもスクリーンリーダーユーザーでもフェイスブックやアメーバなどのウェブサービスを使っている人はたくさんいるよ。
その人たちがうんぬんというわけではないからね。
あくまでも上記のようなリスクを抱えているという話なので誤解しないように!

初投稿だよ

2016年6月17日

やったー!!
やっとブログを開設できました。

フェイスブックとかアメーバとかにいけば5分くらいでブログを開設できる昨今。
わざわざドメインとってブログシステム設置して、手間と時間と金までかけて、この場所でやっとウェブログをはじめることができました。

ご苦労様私!
お疲れ様私!
おめでとう私!
ありがとう私!

これからよろしくお願いします。