What's new

小さな挑戦

2016年9月17日

ぼくの散歩コースの途中に幼稚園がある。
敷地は家4軒分ぐらいしかないとても小さな幼稚園だ。

でも子供たちはいつも元気で、ぼくが歩く目印になっている。
夏休み中は静かだったが、今月に入りまた元気な声を聞かせてくれている。

昨日も散歩途中に幼稚園を通りかかったら、いつもの元気な声と一緒に先生たちが拍手をしながらひとりの園児をほめてた。

何かと思って聞き耳を立てていると…。
どうやらある園児が上り棒の頂点まで上りきったらしい。

その子の年はわからなかったが、とにかく幼稚園児で上り棒を頂点まで上がれるというのは素晴らしい。
小さな小さな挑戦が達成された瞬間である。

もちろんその子にとってはとても大きな大きな1歩になったにちがいない。
もしかしたらその子が大人になったとき、幼稚園時代を振り返ると、真っ先に思い出す出来事になるかもしれない。

ぼくらが生きているこの時間というのは、常に誰かが何かに挑戦し失敗したり成功したりを繰り返しながら同じ時間を過ごしているんだということを改めて感じた。

先日ぼくもMIDIピアノを公開した。

ただMIDI音を出すだけのおもちゃだから、これも小さな1歩なんだけど…。
この小さな1歩をきっかけに、大きな挑戦をした人がいるのでここで紹介したいと思う。

その人は「浦田雄嗣(ウラタユージ)」さん。
ぼくと同じ全盲で、MIDIピアノをきっかけにMIDI作曲に挑戦し、ある程度かたちになったからということで連絡をいただいた。

作った曲は以下である。

JR西日本ミュージックホーン


岸和田駅前の音痴な信号機

このほかにもいくつかの曲を作られていた。

浦田さんに公開してよいかと尋ねたら、快く了解してくれたので今回ここで紹介しました。

さあ、今日という新しい1日、あなたはどんな挑戦をするのでしょう。

MIDIピアノ

2016年9月14日

直接プログラムからMIDIを鳴らすのは結構簡単です。
最近発見したんですけどね(笑)。

まず、MIDI出力デバイスを開いて。
あとは発音コードを送ってやれば勝手に音が鳴ります。
注意すべき点は、MIDIはビックエンディアンであることを常に忘れないことかな(笑)。

そんなわけで、キーボードソフト「MIDIピアノ」を公開しました。

http://kimurashuuichi.com/visualstudio/application/piano.html


このアプリケーションはパソコンのキーボードをピアノの鍵盤にみたてて音を鳴らします。
ただ鳴らすだけなのでぶっちゃけおもちゃレベルなんですが、楽器、オクターブや音の強さを自由に変えられるので、そこそこ楽しめます。

さらに昔作ったMIDI作成CGIを使えば、全盲でもパソコン上で簡単な曲ぐらいは作れます。

http://kimurashuuichi.com/desktopmusiccreation/midi.html


あなたもお試しあれ。

ダブルタップってムズイ

2016年9月5日

おお!
気がついたら9月。

夏休み終わってた。
おいっ子がだるい空気を全身から放ちつつ学校に出かけていった。

今日から本番なんだなー。

昨日、親がスマホに乗り換えるというので一緒に行った。
ガラケー一族としてはスマホに興味ありだからね。

ぼくが「音声読み上げしてくれるスマホを見たい」と言ったら、ショップの店員さんが探して出してきてくれた。
機種はたぶん、SONYのXperiaTM。

なかなかきれいな声だ。
メニューやメールの文書、インターネット検索結果なんかもしっかり読み上げてくれる。

正直、結構つかえそうだと思った。

でも、画面読み上げの音声(トークバック)をオンにしているときは、
一度タップしてカーソルがあたったものを読み上げる。
なので、そいつを起動させようと思ったら、ダブルタップする必要がある。

問題は、そのダブルタップが難しいというところだ。
2回画面をすばやくたたくのだが、これがどえりゃームズイ!

もしトークバックをオフにしていれば、
一度タップするだけでいいんだけどね。

最初は親もトークバックを使ったほうが画面をあまり見なくていいのでらくだといっていたが、
ダブルタップがむずかしすぎるので、トークバックをやめて普通に使うことにした。

見えている人はそれでいい。

問題はぼくのような見えていない人種。

ダブルタップの難しさを実感した。
修行必須だ。

あぁ、またスマホが遠くなった気がした。