What's new

ポケモンGO配信開始

2016年7月22日

やっと日本でもスマホ用アプリ「ポケモンゴー(PokemonGO)」の配信が開始された。

ポケモンGoはあまりの楽しさから「歩きスマホ」の原因になるとかいわれてるけど…
本当のポケモン好きは「ポケモンゴープラス(Pokemon GO Plus)」をゲットするから問題なし!
とか勝手に思ってる。

ポケモンGOプラスは腕時計型端末なので、わざわざスマホの画面とにらめっこしながら歩く必要はない。
ポケモンを発見したら振動して教えてくれるらしい。
もしポケモンがいたら、ポケモンGOプラスのボタンを押してポケモンゲットだぜ!

ポケモンGOプラスみたいな商品が出るんだから、やっぱりポケットモンスターはすごいなー。

…とかいう単純な記事で今回しめくくるつもりはない(笑)。

ぼくは視覚障害者だからよく思うんだけど…。
いくら目が見えていても、見えないとき?いや見ちゃいけないときっていうのがあるよね。

例えば、今回のようなポケモンGOみたいなパターン。
いくら目が見えていても、歩きながらスマホの画面を見てたんじゃ「歩きスマホ」になっちゃうから…。
視力はあるんだけど見ちゃいけないみたいな。

これと似たものにカーナビがあるよね。
あれは音声で道をガイドしてくれる。
もし地図ばかり見ていたらたいへんだよね。

このような技術に出合うたび、
「ユーザーが見えていないことを想定して作れるんだから、もう少しがんばって全盲でもすべての操作が問題なくできる機器を増やしてほしい」
とか思っちゃう。

これはあまえなのだろうか?

チョコレートケーキを平等にわける方法

2016年7月20日

なんかブログ書くの久しぶり。

高校時代の同級生が泊まりにきたり、親戚が入院したり、指定された店の場所を調べにいったり…。
なんか暑いのによく働くなーぼくえらい!

そんなわけで、気がついたらこのブログをぜんぜん更新してなかった。
というわけで今回はリハビリを兼ねてストックねたでいきまっせ!

ひとつのチョコレートケーキをふたりで分けるときの話。

まぁチョコケーキじゃなくてもいいんだけどさ…。
チョコケーキがいちばん問題になりそうかなっと思って書いてみた(笑)。

とにかくひとつの食べ物をふたりで分けるとき、どんなにきれいに分けても必ず…
「どっちが大きいか」とか「とくするほうはどっちか」
とか考えるよね。

そして相手より先に取っても、逆に残りものを選んだとしても…。
「相手のほうがとくしたんじゃないか=自分が損したんじゃないか」
って考えるよね。

でも、もうこんなことは起こらない。

なぜならこんなことが起こらないように、文句なく平和的に分けるという夢のような方法があるのだ。
今回はその方法を紹介しよう!

その方法とは…。
ひとつの食べものをふたりで分ける場合、

まずひとりがふたつに分ける。
そしてもうひとりが先に選ぶ。

これだけで文句なく平等にしかも平和的に食べ物を分けることができるのだ。

なぜだかは、少し考えればわかるよね。

仮に、ふたつに分けたとき明らかに大きい小さいがあったとしよう。
もし分けた人がそのまま先に大きいほうを選んでしまうと問題が起こるのだが…。
そうではなく、先に選ぶことができるのはもうひとりのほうなので、どちらが大きいのか吟味できる。

逆に吟味されたくなければ、自分のもてるすべての力を駆使してできるだけ平等に分ければよいのだ。
そうすれば、どっちが自分になってもOKだ。

単純でわかりやすいでしょ。

これって実は、「ケーキ分割問題」といって数学の理論で考えられたこと。
数学ってこんなことも必死に考える学問なんだよ。

おもしろいでしょ(笑)。

ポケモンGOやってみたい

2016年7月15日

ポケモンGOというスマホ用のゲームがやばいらしい。

米国で今月6日にリリースされたゲームで、
「プレイヤーが現実世界で携帯電話を使ってポケモンを捕まえる」
という単純なゲームなんだけど、すげーおもしろいらしい。

こういう基礎的ルールが単純なゲームっておもしろいんだよねー。
ポケモンなんてすでに世界で通じるぐらいになってるから特に。

外でふと携帯電話をかざすとそこにいろんなポケモンが姿を現す。
画面下方にあるモンスターボールを指でフリックすることでモンスターボールを投げ、ポケモンにぶつける。
これでポケモンゲットだぜ!

外に出るのがぐっと楽しくなるだろうねー。

目が見えているとこんな楽しそうなことがあるんだー。
正直言ってうらやましい。

まぁでもいくらうらやましがっても、ぼくの目が見えるようになるわけじゃない。
目が見えなくてももっと楽しくできる方法を考えなきゃね。